どこか遠くへ旅にでたい

どこか遠くへ旅にでたい

そう思ったときが旅のはじまりですよね。
私も、わりと出不精ではあるはずなのですが、年に数回そんな風にふと思う瞬間が在ります。
それでも実際旅に出ることはあまりなかったのですが、2ヶ月前に、久しぶりに飛行機に乗って北海道へ行ってきました。
ひろい大地、どこまでもまっすぐな道を走りたかったのが北海道を選んだ理由です。

 

きつね、鹿、熊、様々な生き物には沢山あいましたが、なぜか道中あまり人とすれ違うことがありませんでした。
都会では考えられませんよね。レンタカーをかりたまではよかったのですが、ガソリンの補充だけでも一苦労です。
もし、途中でエンストしてしまったら、ガス欠になってしまったら、とその雄大さならではの都会っこの心配は旅の終までつづくのでした。
滞在は3泊4日。知床から網走、阿寒湖、釧路へと縦断の日々。

 

とにかくひたすら牧場と海岸線と道、道、また道。初秋の風を一身にうけ走るドライブは格別でした。
そして、忘れてはいけないのは海産物の新鮮さ!何を食べても美味しく、特別な調理をしていなくてもその素材の生きた味が口一杯に広がる幸せ。
回転寿司のねたも都会では見ないものが多く、たこまんまをはじめ、蟹のお腹やみたことのないエビ等堪能しました。
お腹も気持ちも一杯の旅、さて次はどこへ。